中国の西北地区
新疆ウィグル自治区 寧夏回族自治区 甘 粛 省 青 海 省 陝 西 省

新疆ウィグル自治区

中国語発音: xinjiangweiwuer 烏魯木斉
人口: 1747万人
面積: 160万平方キロ
省庁: 烏魯木斉

新疆維吾爾自治区(略称:新)は中国の西北部に位置し、ロシア、モンゴル、など8の国と接している。ウイグル族は50%程度を占めています。その他、漢、ハザフ、回、カルクズ、モンゴル、ロシア、ズパ、タジコ、ウズビク、タタル、ダウル、満ぞなど民族から構成している。

  新疆維吾爾自治区の主な地形は北部の阿尓泰山脈・中部の天山山脈・南部の昆侖山脈とその間挟んでいる準葛尓盆地と塔里木盆地が特徴である。気候は干ばつであり、全域平均年降雨量値はわずか140mmである。  新疆維吾爾自治区は豊かな土地と豊富な自然資源に恵まれ、一人当たりの耕地面積は6ムー(約40アール)、全国の一位、木材の蓄積量は約全国の1/4を占め、全国の一位、石油と天然ガスも蓄積量も全国1/3 で、全国の一である。その後、工業として石油・石炭・木材・機械・食品などはじめ、原油・発電設備・鉄路車輌・ベアリングなども全国のトップ2位である。 


寧夏回族自治区

中国発音: ningxiahuizu 銀川の鐘鼓楼
人口: 538万人
面積: 6.64万平方キロ
省庁: 銀川

 民族:人口のうち漢族66%、回族は33%、その他満州族、モンゴル族等33の少数民族で構成される気候:典型的な大陸性気候で、高度の高い南部は寒く比較的降水量も多く植生に恵まれているのに対し、北部は暖かく降水量も少ないため乾燥度が高い。年間降水量は、南部では400mm〜600mmあるが、北部では200mm前後である。

寧夏回族自治区で黄河の水を灌漑への利用の歴史は2000以上までさかのぼり、有名な稲作地である。その他、優良品質の石炭も重要な輸出品である。主要な農作物は水稲、小麦、食油産物、甜菜、果物で、南部の山間地域は蕎麦の産地として有名である。また、畜産業も盛んで、羊、牛などの家畜が多く飼育されている。特産品として枸杞、髪菜、甘草、羊毛皮、カシミヤ原料、わらびなどが有名である。

工業総生産額は197.6億元(1995年)で、化学、冶金、電子、機械製造、紡績、建築材料、食品加工などの工場が立地している。  業種別ではアルミ、化学、ゴム、ベアリング、工作機械工場等に大手企業がある。  外資系の企業数は96年末に419社(うち日系企業数は19社)に達し、96年の輸出額は2億ドル、輸入額は3千2百万ドル、うち対日本の輸出額は6千3百万ドル、輸入額1千8百万ドルである。


甘粛省

中国語発音: gansu 甘粛省
人口: 4675万人
面積: 23.63万平方キロ
省庁:

蘭 州


古代シルクロードが貫く中国内陸部に位置する甘粛(かんそ)。中華民族の発祥地のひとつとして知られ、延べ45万平方キロメートルを超える広大な土地を抱えている。

東西両端の経度の差が16度、南北両端の緯度の差が10度も超える甘粛黄土高原、内蒙古高原、青蔵(青海・チベット)高原の交差する一帯にあり、長江、黄河、内陸河の3大流域に分かれ省内には雪山、氷河、砂漠、森林、草原、平原、河川、湖など、変化に富んだ多彩な自然景観が分布している。東南から西北にかけて、亜熱帯湿潤気候から温帯モンスーン気候に跨り、年間平均気温は摂氏0〜15度、年間平均降水量は300〜500ミリで雨量は少なく、昼夜の温度差が大きい

甘粛省は中国北西部の交通と通信の要の都市でもある。石炭や非鉄金属など資源に富み、金属産業や石油化学、繊維産業など、それなりの工業基盤を作り上げた甘粛省はまた中国の先端宇宙航空工業基地として有名。農林産業の展開も兼ね、1999年のGDPは931.6億元、2000年までの12年間の輸出入総額は53億ドルになった。経済協力と開発を通じて、甘粛省は新たな飛躍を目指して頑張っている。


青海

中国語発音: qinghai 青海湖
人口: 503万人
面積: 72万平方キロ
省庁: 西 寧

青海省は中国の西部、チベットの北東部に位置している。青海省は中国の二大河川ー黄河、長江の源流地でもある。中央部の青海湖(4573平方キロ)は中国最大の湖である。省内に漢族のほか、チベット、モンゴル、回、サラールなど30以上の少数民族がすみ、省人口の42%を占める。青海省の東北部は農業区域で、西部、南部は遊牧地方である。

青海省はヤク、羊、馬などの放牧がおこなわれてい る中国5大牧畜地域のひとつである。ヤクの育頭数は500万 頭をこえ、国内の約半分を占める。牧場の整備などで約40%の 牧畜民は、定住遊牧方式を採用した。
省内に発見された各種鉱物は100種あり、その80種 類の量が多い。KCI,LICI,MgCI、Si,S,石綿、石膏、粘土、天然ガ ス、石油などが豊富である。また、国内一の生産量をほこる塩を 原料とする化学工業・石油・機械・非鉄金属・毛織物・皮革など の工業が発展している新興工業地域である。格爾木では大型 石油精製・化学肥料工場が建設されている。


陝西省

中国語発音: shanxi 大雁塔
人口: 3596万人
面積: 20.5万平方キロ
省庁: 西安

中国の内陸のほぼ中央に位置し、中国の東部、中部および西南、西北地区をつなぐ交通の要衝で歴史的にも重要な舞台となってきた。面積は約20万5千平方キロメートルで中国総面積(香港を含む)の約2.1%、日本の約半分、香川県の約110倍であり、人口は約35百万人で中国総人口(香港を含む)の約2.9%、日本の約28%、香川県の約34倍を擁している。

中国の主な農業産地の一つであり、林業や牧畜業も盛んで、豊富な鉱物資源をもつ。機械工業は省の代表的産業であり、電子工業や紡績工業も先進的な位置を占めている。悠久の歴史に加え豊かな民俗風情と自然景観に恵まれた省都西安市は観光の中心であり、古くは長安の名で知られ、弘法大師・空海が学んだところであり、香川県には馴染みの深いところである。