中国の個人投資家 上海証券取引所
             

 

B株歴史
1992年2月 B株市場が誕生した。
1992年5月 B株指数が史上最高点140.85点を記録した。1999年3月に上海、深センB株指数が21.24点と323.19点史上最低点を記録した。  
1996年1月 国務院《境内上場外資株式の規定》を施行しにB株市場にとっては、初の全国的な法令に当たる。  
1996年12月 A、B株市場が値幅制限を導入した。
1997年9月 B株資本の最大の会社――東電B株は上場を果たし、B株資本も6.9億に達した。 東電B株が初株式配当を行った。  
1998年3月 中国証券監督管理委員会は《国内外資株(B株)会社が増資暫定的方法》を発表した。
2000年7月 粤華包BはB株市場の初上場会社となったと共に初めての民営企業の上場でもある。   
2000年7月 張裕B株は4000万A株を発行した、B株市場にとっては、第一号A株の追加発行の会社になった。
2000年9月 中国証券監督管理委員会は《国内の外資株(B株)を発行する会社に関する流通問題の知らせ》を発表する。
2001年2月 29日まで上海市場の資金調達額が85.07億元で、深セン市場の資金を調達額は88.72億元だ。 2001年2月19日まで上海B株市場の流通高は309.93億元、深センB株市場の流通高は210.02億元。
2001年 上海B株の第一号上場会社は真空B株で、深センB株の第一号上場会社は南ガラスB株だ。
2001年 第一号PT株は水仙B株