トップベージ前のページ次のベージ


クリントンがTV番組の司会者に
クリントン米前大統領がいよいよテレビにレギュラー出演するらしい。5月1日、ハリウッドのNBCテレビで製作担当のお偉い方とひそかにあったことが発覚。出演の打ち合わせだったともっぱらでで、クリントン氏のスポークスウーマンも「すべての可能性について話し合った。前大統領の方から特定の提案をしたわけではない」とコンメトしている。

  しかし、関係者によると、NBCはダミーで、実はCBSが本命だという。現在、黒人女性が司会役を務めるCBSのトークショー番組「オプラ」が2006年に終わるのを目途にクリントン氏が後釜を務めるというもので、これを察知したNBCが急きょ、新たなトークショー企画を提案したというわけだ。

  問題はギャラ。クリントンは現在、講演料で年間1500万ドル前後を稼ぎ、来年には書き上げる回想録の印税は1200万ドル。そこでテレビ出演には年間5000万ドル(60億円)を希望しているという。
  
  前大統領にそれだけの価値があるかどうかは疑問だが、「いっそ、アシスタントにモニカ・ルインスキー嬢を抜擢して、政治からセックスまで何でもありの番組にしたらどうか」なんて意見も出ている。





Copyright 2002〜2003 SanYouTong Co., Ltd. All Rights Reserved お問い合わせ