トップベージ前の ページ次のベージ

好きな寿司ネタ
1 トロ                              1227
マグロの脂身。腹部の霜降りの部分が中トロで、その下の最も脂肪分の多いところが大トロ
2 ウニ                                         713
上物のエゾバフンウニ、キタムラサキウニはいずれも北海道が出産地。輸入物はロシア産ん゛最も多い。
3 穴子                                        505
煮物のすしで、ツメと呼ばれるタレをつける。旬は夏。東京湾産の江戸前ネタは人気が高い。
4 イクラ                                      429
魚卵を意味するロシア語「イクラ」が語源。サケなどのバラバラになった卵。固まりになったものが筋子
5 ヒラメ                                       419
旬は晩秋から冬にかけて。高級魚として知られるが、最近は格安な養殖物や輸入物が多く出回るようになった。
6 サーモン                                   327
サケのこと。食べやすいように火で表面をあぶり、脂肪分を落としてから出す店が増えてきた
7 イカ                                        314
夏から秋が旬のスルメイカや、冬から春が旬のヤリイカが主流。歯ごたえと特独の甘味が特徴
8 タイ                                        265
冬から早春が旬。九州や中国地方が出産地の天然物は最近、減少気味。今は国内生産の約85%が養殖物
9                                        262
マグロの脂身。腹部の霜降りの部分が中トロで、その下の最も脂肪分の多いところが大トロ
10 刺身                                       255
マグロの赤い身の部分。近海のクロマグロと、輸入も多いミナミマグロが人気を二分する
出所: 日経新聞社の運営するメールマガジンの読者を対象に二月上旬に調査。主な寿司ネタ三十種類の中から、好きなものほ三つまで挙げてもらった。有効回答数は2273。
 



Copyright 2002〜2003 SanYouTong Co., Ltd. All Rights Reserved お問い合わせ