金 融 05/06/28 (火)

中国証監会主席、非流通株改革はできるだけ短期間内に完了

  北京(XFN-ASIA) 中国証券監督管理委員会(証監会)の尚福林主席は27日、国務院新聞弁公室主催で開かれた中国資本市場の発展に関する記者会見で、非流通株改革の試行作業を長期化させる考えはないと表明した。

 市場関係者は、短期間に市場の流通株供給量が大幅に増加するため、投資家の流通性不足への危機感を引き起こす恐れがあると指摘する。また、非流通株がすべて放出された場合、各上場企業の最終改革案がいかに流通株主に有利なものであろうと、株式市場の株価の下落は不可避だろうと指摘する。

 中国の証券管理部門はこれより先、上場企業計46社を非流通株改革テストケースに指定した。現在、中国の上場企業1200社余りの株式の約3分の2を非流通の国有株が占めている。中国政府は非流通株改革を通じて国有株の流通を目指しているが、同時に株価の大幅な変動を極力回避しようとしている。




close